banner_04.gif人気blogランキング参戦中! ←記事が役に立ったら押してやってください

2005年07月08日

I Want to Hold Your Hand

I Want to Hold Your Hand

I Want to Hold Your Hand

スイング度  ☆☆☆☆☆
勉強になる度 ☆☆☆☆
BGM向き度 ☆☆☆☆☆

邦題は「抱きしめたい」。

Grant Greenまず聴くならどれがいい?
Grant Greenならどれが一番いい?

どちらも迷わずこのアルバムをお勧めします。全体的に聴きやすくBGMとしても使えるジャズ入門に持って来いなCDでしかもジャズを相当聴きこんでから聴きなおしてもやっぱりいい。

テナーサックスのハンク・モブレーはかなり脇役的な存在で演奏の大部分はグラント・グリーンとラリー・ヤング、エルビン・ジョーンズによって構成されています。でもモブレーが入っているおかげでBGM向き度が上がっているのは間違いない。

アルバムタイトルの1曲目I Want to Hold Your Handはビートルズナンバーをボサノバアレンジしたもの。おやつの時間にお茶でもしながら聴きたくなるようなさわやかな演奏

個人的お気に入りテイクは2曲目のスピーク・ロウと5曲目のThis Could Be the Start of Something。2はアップテンポの4ビートでラリー・ヤングとエルビンがグイグイとドライブして見事にスイングしています。その強烈なビートに乗ってグリーンのグリーン節が炸裂。最後の逆循しているところなんか何回も同じフレーズを弾いていてちょっと笑ってしまいますがグリーンなだけに許してしまいます(笑)。

5ではミディアムテンポの4ビートでこれまた典型的なグリーンのビ・バップフレーズ連発で聴いても気持ちよし、勉強にももってこいです。

基本的にグラント・グリーンは同じフレーズを露骨に使うクセがありますが彼の一番の魅力であるジャズのタイム感とニュアンスによって見事にスイングしているのです。フレーズを完コピして弾いてみると同じようなスイング感はそう簡単には出せないのでグリーンの偉大さに気づくでしょう。

しかし、こんな名盤が1000円以下で買えてしまうのですね。


1.I Want to Hold Your Hand
2.Speak Low
3.Stella by Starlight
4.Corcovado (Quiet Nights)
5.This Could Be the Start of Something
6.At Long Last Love

Grant Green(g)
Hank Mobley(ts)
Larry Young (org)
Elvin Jones (ds)

Recorded on March 31,1965




グリーンの8ビート系でのお勧めはコチラです。
Green is beautiful
http://jazz-impression.seesaa.net/article/4717164.html


posted by tanujazz at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | Grant Green | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月29日

Green Is Beautiful

Green Is Beautiful

Green Is Beautiful

グルーブ度  ☆☆☆☆☆
勉強になる度 ☆☆☆
BGM向き度 ☆☆☆☆☆

数多いGrant Greenのアルバムの中からファンク色の強い一枚。4ビートはなし。
Greenのファンク作といえばLive at the Lighthouseが有名かもしれないが、個人的はこのGreen is beautifulの方がグルーブの仕方が好きだしBGMとしても聴きやすい。

Live at the Lighthouseではライブのノリがもろに出ていていい意味でも悪い意味でもバンド全体の勢いが凄い。

対してこちらのアルバムではずっしりと重みのある泥臭いファンクリズムをベースにグリーンのギターが冴える。

1曲目のジェームス・ブラウンナンバーから踊りだしたくなるような強烈なうねり感が出ている。3曲目のThe WindjammerはLive at the Lighthouseでも演奏されているが、テンポも違って聴き比べると面白いかもしれない。

1.Ain't If Funky Now
2.A Day In The Life
3.The Windjammer
4.I'll Never Love Again
5.Dracula

Grant Green (g)
Claude Bartee (ts)
Blue Mitchell (tp)
Earl Neal Creque (org)
Emanuel Riggins (org)
Jimmy Lewis (b)
Idris Muhammad (ds),
Candido Camero (percussion)
Richard Landrum (percussion)

Recorded ???

Live at the Lighthouseはコチラ↓
Live at the Lighthouse




posted by tanujazz at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | Grant Green | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。