banner_04.gif人気blogランキング参戦中! ←記事が役に立ったら押してやってください

2005年06月13日

Chops (with Niels H.O. Pedersen)

Chops

Chops

スイング度  ☆☆☆☆☆
勉強になる度 ☆☆☆☆☆
BGM向き度 ☆☆

つい最近、2005年に突然亡くなってしまったベースのニールス・ヘニング・オーステッド・ペデルセンとギタリスト、ジョー・パスの超絶コンビによるデュオアルバム。

ペデルセンの超絶早弾きプレイに耳がいってしまいがちですが、ジャズマンならもっと違うところを聴きましょう。In your own sweet way等で聴かせる2人の素晴らしいインタープレイ。ペデルセンの強烈なビート。ジョー・パスの決して同じフレーズの使い回しが出てこない多彩な歌いまわし。なんでもないギタリストとベーシストがデュオをやってもこんなに飽きないアルバムは絶対に作れません。

ギタリストにとってはジョー・パスのお手本のようなジャズプレイから多くのことを学べるでしょう。ベーシストにとってもベーシストってこんなに色んなことができるんだ、ということを学べるでしょう。もちろんペデルセンのフレーズやバッキングの歌いまわしも参考になるのは言うまでもありません。

残念ながらもう新品は出回っていないようですが、amazonで中古が出ることはあるようです。見つけたら即買いです!

1.Have You Met Miss Jones?
2.Oleo
3.Lover Man
4.L5 Blues
5.Come Rain or Come Shine
6.Quiet Nights of Quiet Stars
7.Tricrotism
8.Old Folks
9.Yardbird Suite
10.In Your Own Sweet Way

Joe Pass(g)
Niels-Henning Orsted Pedersen(b)
レコード年 不明
オリジナル盤発売日: 1978/11/19


【関連する記事】
posted by tanujazz at 21:45| Comment(0) | TrackBack(1) | Joe Pass | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

Intercontinental (Joe Pass)
Excerpt: Jazz-Guitar : ★★★☆☆   Intercontinental   ジョー・パス、ソロギターへの布石   麻薬の魔手から療養所へ。やがてジョー..
Weblog: 【ponty's music lounge】
Tracked: 2005-08-24 19:58
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。