banner_04.gif人気blogランキング参戦中! ←記事が役に立ったら押してやってください

2005年05月17日

My Funny Valentine



スイング度  ☆☆☆☆☆
勉強になる度 ☆☆☆☆☆
BGM向き度 ☆☆

Fore&Moreと同じライブでの録音でこちらはバラード集。
バラードといってもかなり緊張度の高い演奏になっていて、いわゆる心休まるようなバラードを期待して聴くと面食らうかもしれない。
ジャズの勉強という点で考えれば非常に意味のある一枚だと思う。個々のプレイがどうというのではなく、バンド全体として1曲のバラードの中でカメレオンのようにカラーが変わっていく様は見事である。基本的には単純なテーマ→ソロ→テーマという伝統的な構成で演奏されていても組み上げられたクラシックのようにストーリーが作られている。

Fore&Moreと合わせてジャズ中級者以上には必聴の一枚でしょう。

1.My Funny Valentine
2.All Of You
3.Stella by Starlight
4.All Blues
5.I Thought About You

Miles davis (tp)
George Coleman (ts)
Ron Carter (b)
Herbie Hancock (p)
Tony Williams (ds)

Recorded in Feb 1964
posted by tanujazz at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | Miles Davis | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。