banner_04.gif人気blogランキング参戦中! ←記事が役に立ったら押してやってください

2005年05月09日

The Poll Winners



スイング度  ☆☆☆☆
勉強になる度 ☆☆☆☆☆
BGM向き度 ☆☆

バーニー・ケッセルのギタートリオ作品。
同じギタートリオでもJoe PassのPortraits of Duke Ellingtonはセッション的な雰囲気があるが、こちらは綿密にアレンジされた作品で、レイ・ブラウンとシェリー・マンとの超絶トリオプレイが聴ける。
晩年のバーニー・ケッセルは非常に音が汚いですがこの頃のプレイはわりと綺麗です。ジョー・パスに負けず劣らずフレージング、コードボイシング、アレンジングと全ての面で非常に勉強になる1枚です。Satin dollは必聴ですね。

ポール・ウィナーズシリーズは知っている限りでは5作出ていますが、1つ目の本作と3作目が特にお勧めです。

1.Jordu
2.Satin Doll
3.It Could Happen to You
4.Mean to Me
5.Don't Worry 'Bout Me
6.On Green Dolphin Street
7.You Go to My Head
8.Minor Mood
9.Nagasaki

Barney Kessel(g)
Ray Brown(b)
Shelly Manne(ds)

Recorded March ,1957


【関連する記事】
posted by tanujazz at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | Barney Kessel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。