banner_04.gif人気blogランキング参戦中! ←記事が役に立ったら押してやってください

2005年03月05日

第四回 「代理コード」

第四回
「代理コード」

第三回ではサブドミナントの代理コードであるUm7について説明しました。
今回は他の代理コードについて説明します。

1.トニック系コード

トニック=主和音はTmaj7が基本でその代理コードはVm7とYm7でした。
代理コードというのは基本的に置き換えが可能なので試しに弾いてみましょう。

まずU−X−Tを

・Um7−X7−Vm7…@
・Um7−X7−Ym7
…A

として弾いてみましょう。ルートの動きが重要なのでルートを入れて弾きましょう。キーがCなら、

・Dm7−G7−Em7…@
・Dm7−G7−Am7…A

です。構成音はもう書かなくてもいいですね?わからない人は第一回を見てください。
さあどんな響きがしましたか?
最後がTmaj7で終わるときとは似たようで違う響きがしたと思います。
@の進行ではVm7に行ってもなんか「終わらずにもっと続きがあるような響き」がしますね?
Aの進行は実は実際のコード進行ではあまり見かけないのですが、こちらもTmaj7のときより終わった感じがしないと思います。
その要因として大きいのは前回説明したルート音の動きです。
X−Tのドミナントモーションではルートが4度進行していましたが、代理コードに置き換えたために4度進行ではなくなっているのです。
このようにドミナントモーションのTの代わりにVやYを用いることを偽終始といいます。

2.ドミナントの代理コード=裏コード

さて前回コードを分類したときにX7とZm7♭5は同じグループに属していましたが、実際にはX7の代理としてZm7は使いません。
前回ドミナントでは3度と7度の音が重要であると説明しましたが、Zm7♭5ではその音が♭5thとルートになっているのです。
ためしにU−Z−Tと弾いてみましょう。あまり解決感が得られないと思います。

ではドミナントには代理コードはないのでしょうか?
実はあります。簡単のためにキーをCとします。
次のコード、

D♭7 = D♭、F、A♭、B

をX7の代わりに弾いてみましょう。次のようになります。

Dm7−D♭7−Tmaj7

どうでしたか?解決感がありますね?あまりパッとしないという人は3つのコードの5度の音をそれぞれはぶいて、ルート、3度、7度の音だけで弾いてみてください。

どうやらD♭7はG7の代理コードとして使えそうな気がしてきました。
なぜなのか考えてみましょう。
まず構成音を比べてみると、

G7   = G(1)、B(3)、D(5)、F(7)
D♭7 = D♭(1)、F(3)、A♭(5)、B(7)

X7で重要である3度と7度の音を見てみましょう。G7ではBとFです。D♭7でもFとBです。
つまりD♭7ではG7の3度と7度を入れ替えたような形になっています。
このためにX7と似た響きを持つのです。D♭はUのDの半音下なので、U♭です。
このU♭7を裏コードと呼びます。

ルートの動きはどうでしょうか?ドミナントモーションではルートは4度進行していましたが、裏コードを用いるとU−U♭−Tというようにルートが半音ずつスムーズに下がっていくために、4度進行よりはきつくないが進行感のある流れになっています。

セブンスコードに対して裏コードは必ず一つあり得る訳ですが、同時に基本的に代理コードとして使用することが可能です。
ピアニストやギタリストがバッキングする際に、裏コードの感じを出したいときには普段あまり弾かないルート音をあえて弾きます。ただし、むやみに多用するとベーシストの音とぶつかる危険性が出てくるので気をつけましょう。
またベーシストが裏コードに基づいたベースラインを弾くことももちろんあります。ベースラインは注意深く聴きましょう。

実は他にも代理コードは存在しますが、特殊なコードになってくるのでまたの機会に説明しましょう。
今回は偽終始と裏コードをしっかり覚えましょう。

posted by tanujazz at 10:37| Comment(2) | TrackBack(0) | ジャズ理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
当方Tpを2年程やっておりますが、単音楽器にとってコードというのは 非常に理解しずらい。教則本の理論が書いてある20ページ位の解説があまり記載されておらず、読んでもピンときませんでしたが こちらのHPで ちょっとヒントを得られました。
Posted by sato at 2006年02月20日 21:02
satoさん、お役に立てて光栄です。ジャズをやるにはどんなパートの人にとってもコードは大切ですよね。もし質問もあれば是非書き込んで下さいね。
Posted by tanujazz at 2006年02月21日 00:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。