banner_04.gif人気blogランキング参戦中! ←記事が役に立ったら押してやってください

2006年01月11日

第八回「セカンダリードミナント」

第八回
「セカンダリードミナント」

懸命な人なら、すでにいろいろな曲のコードを度数表記しているでしょう。していない人は自主性に欠けています。
しかし、ここまでに説明した知識だけでは表せないコードが数多く存在します。
今回はそのうち最も重要なものについて説明します。

1.X7以外のセブンスコード

枯葉の1小節目から9小節目までのコードを見てみましょう。

Cm7    | F7  | B♭maj7 | E♭maj7
Am7♭5|D7 |Gm7  |G7
Cm7

ここまでの説明で、7章節目までのコードの役割についてはわかると思います。
では8小節目のG7はどうでしょうか?
前にも説明しましたが、2段目はGマイナーのキーと考えられるので、GをルートとしたダイアトニックコードはGm7であるはずです。

では、9章節目のCm7とG7の関係に着目してみましょう。
G7はCm7の4度下のコードですね?逆にいえばG7からドミナントモーションしてCm7に解決していますね?
つまり、8小節目の瞬間だけCマイナーのキーになっていると考えることができます。
しかし9章節目のCm7は、CマイナーキーのCm7ではなくB♭キーのUm7です。間違えないで下さい。

このように、トニックコード以外のコードに結びつくセブンスコードのことをセカンダリードミナント(コード)と呼びます。

ブルースを例にとってみましょう。

例:Fブルース

Fブルースの基本的なコード進行は、(「|」が小説の変わり目だと思ってください)

F7   | B♭7 | F7 | F7
B7 | B7 | F7 | F7
Gm7  | C7  | F7 | F7

ですが、ここにセカンダリードミナントを加えると、

F7   | B♭7 | F7 | F7
B7 | B7 | F7 | D7
Gm7  | C7  | F7 | C7

となります。2段目のD7がGm7のドミナントになっていますね。3段目のC7はもともとのドミナントコードです。
実はもう一つセカンダリードミナントがあるのですが、わかるでしょうか?

前にも説明しましたがU−Xは二つで一つのように考えることが出来ます。言いかえると、Um7またはX7が単体で存在する時にU−Xに分割することが出来る、またその逆もありということです。

では3つのドミナントをU−Xに分割してみると、

F7   | B♭7 | F7 | Cm7 F7
B7 | B7 | F7 | Am7♭5 D7
Gm7  | C7  | F7 | Gm7 C7

先ほどのもう一つのセカンダリードミナントというのは1段目4章節目のF7でした。F7はB♭キーのドミナントですね。
2段目の4章節目は3段目1小節目のGm7に向かうU−Xです。

2.ブルースにおけるスケール

ここで、ブルースのセブンスコードについて説明しておきましょう。
そのためにはブルースに用いるスケールについて説明しなければならないので説明します。

まずはメジャーペンタトニックスケールです。ペンタというのはどこかの国の言葉で「5」という意味です。つまり五つのトニックを持つスケールだとでも覚えておいてください。どういうスケールかというと、キーがFなら

Fメジャーペンタトニックスケール=F(1)、G(2)、A(3)、C(5)、D(6)

です。メジャースケールの4度と7度の音を省いたスケールです。
次にマイナーペンタトニックです、

Fマイナーペンタとニックスケール=F(1)、A♭(3)、B♭(4)、C(5)、E♭(7)

です。Fマイナースケールの2度と6度の音を省いたスケールです。
ではこの二つのスケールを組み合わせて更に♭5であるBの音を入れたスケールを弾いてみましょう。

Fブルーノートスケール=F(1)、G(2)、A♭(♭3)、A(3)、B♭(4)、B(♭5)、C(5)、D(6)、E♭(♭7)

♭3、♭5、♭7の音を含んでいることに注目してください(メジャー7thは抜けています)。一般には♭3の音のことをブルーノートと言いますが、本当のブルーノートというのは♭3と3度の間の音です。ギターなら♭3の音を中途半端にチョーキングした音ということです。ジャズではブルーノートの雰囲気を出すために♭3を弾いてすぐに3度の音を弾くという方法がよくとられます。

さて、このスケールだと7度の音がフラットしていますね?よってトニックコードがTmaj7ではなくT7になるのです。
同じようにWmaj7もW7になります。確認してみてください。

ブルースではこの3つのスケールは基本的にどこでも弾いていいと思っていいでしょう。
ただ、ジャズらしさをかもし出したいなら2段目のW7の時にメジャー3度の音を弾くのはひかえましょう。なぜならメジャー3度の音はW度のコードのメジャー7thにあたる音だからです。ブルース的な響きが損なわれるのです。
詳しくはまた次の機会に説明しましょう。

今回で重要なのは前半のセカンダリードミナントです。しっかり理解して、いろんな曲のコードを度数表記してみましょう。
セカンダリードミナントがたくさんあることに気がつくはずです。

これで、ほとんどのコードについてはその役割がわかるようになるはずですが、まだ説明していないコードもいくつかあります。
ですがそれらについてはおいおい説明することにします。

posted by tanujazz at 22:59| Comment(1) | TrackBack(0) | ジャズ理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
素晴らしい解説だ!グッジョブ!
Posted by sekiro at 2006年01月11日 23:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。